一生に一度は行きたい絶景!青の都「サマルカンド」が美しすぎる♡

「青の都」とも呼ばれているサマルカンドをご紹介。
サマルカンドは、世界遺産に登録されているウズベキスタンにある古都。
シルクロードの重要な地点として栄えた歴史のある街は、サマルカンドブルーと呼ばれる鮮やかな青色のタイルが美しい!
一生に一度は行きたい!うっとりするほどの青の世界♡

  • 作成日:
  • 更新日:

青の都「サマルカンド」

レギスタン広場

14世紀に造られたレギスタン広場は、サマルカンドのシンボルとも言える存在。
広場に向かって左にウルグベク・マドラサ、中央はティラカリ・マドラサ、右にシェルドル・マドラサの3つのマドラサが並んでいます。
マドラサとは神学校のこと。

夜はライトアップされます。昼とは違う美しさ。
夏になると、日没から音と光のイルミネーションショーも行われています。

ハチの巣のように穴の開いた床?
いえいえ、実は、入口の装飾なんです。
上の現代アートのオブジェの壁のように見えるのは、天井。
建物は1つ1つの装飾が素晴らしく、写真の角度を工夫すると、こんな感じの面白い写真が撮れるかも!?

グーリ・アミール廟

グーリ・アミール廟は、ティムール朝を築いたティムールやその子供、孫たちなどが眠る霊廟。
外観の青色モザイクのかわいさとは打って変わって、霊廟の中は金ぴかで荘厳!

サマルカンドのモスクのドームやイスラム教神学校のメドレセ、霊廟などを覆う青色タイルは、1つ1つが手作りで敷き詰められています。
モザイクはよく見ると、微妙に模様が違う!?
街全体の雰囲気を味わうだけでなく、細かい装飾1つ1つをじっくり見たくなる魅力が青色モザイクにはあります♡

シャーヒ・ズィンダ廟群

シャーヒ・ズィンダ廟群は、アフラシャブの丘の一角にあるティムールゆかりの人々の霊廟群。
とにかく装飾が多様で、青いタイルの模様と組み合わせに夢中になれるスポットです。

まさに青の世界!
内部の装飾もかわいい♡

ゴチャゴチャしやすい柄on柄の組み合わせなのに、統一性が保たれていて美しい!
サマルカンドブルー恐るべし!

ウズベキスタンって、どんな国?

ウズベキスタンは、中央アジアにある国。
イスラム教の国ですが、比較的戒律が緩やか。アルコールも楽しめます。
昼夜の温度差が激しいので、上着やストールなどを調節しやすいアイテムを持っていくと便利です。
また、乾燥するので、お肌と喉の潤い対策をしておくと◎。

サマルカンドの行き方は?

サマルカンドへは、ウズベキスタンの玄関口タシケント空港から鉄道、乗り合いタクシー、バスで行くことができます。
本数は少ないですが、サマルカンドへの直行便のツアーもあります。

おすすめ記事

Photo:zorymory

#サマルカンドに関する記事

ウズベキスタンの古都であり、世界遺産にも登録されているサマルカンド。「青の都」とも呼ばれるサマルカンドの、シャーヒ ズィンダ廟群など、美しいブルーに染まる世界を紹介します。

前の記事