Vlogミラーレス誕生!LUMIX G100の溢れる魅力

PR

GENIC公式

Vlogを始めたい。Vlogをやっている。そんな人たちに朗報です!
コンパクトながらハイクオリティな撮影ができる、Vlogミラーレス G100がLUMIXから新登場。小型軽量で持ち運びにも便利な上、動画撮影に特化した嬉しい機能が大充実のカメラです。
今回は、プロトラベラーのChihiroが、G100を実際に使ってみた感想とともに、どういうところがVlog向きなのか?いったい何ができるのか?その魅力をたっぷりと紹介します。

コンパクト!軽量!高画質!ルックス!Vloggerの相棒にぴったり

Vlogにチャレンジするなら、いつでも相棒と一緒にいることが重要です。
LUMIX G100は、手が小さい女性でも気軽に持ち歩けるコンパクトなサイズに加え、キットレンズを入れても412gと、500mlのペットボトル以下という軽量さだから、いつも持ち歩ける&手持ち撮影も楽々なんです。クールなブラックカラーがスタイリッシュで、グッドルッキングなのも相棒として大きな魅力。
使いやすい大きさのボタンや自動設定の機能が充実しているので、初心者でも簡単にハイクオリティな撮影が楽しめます。ミラーレス一眼だから交換レンズで表現の幅を広げられるのも嬉しい!

LUMIX G100が叶えてくれる!Vlog撮影にぴったりの8つの性能

撮影までに手間取ってチャンスを逃してしまった…、まわりがうるさくて声がうまく録れていなかった…編集しようと見てみたらボケボケ…。
そんなよくある失敗から解放してくれる、快適なVlog撮影のために作られたLUMIX G100の嬉しい性能を8つ紹介します。

1.液晶をまわすだけで自撮りモードに
2.録画中の赤枠で撮り漏れナシ!
3.録画速度の変更はダイヤル1つで可能
4.録画開始カウントダウンの秒数はお好みに設定
5.顔・瞳認識AFでピントはばっちり自分に
6.歩き撮り動画のブレが抑えられる
7.4K動画撮影に対応していて画質がキレイ
8.高性能マイクと選べる収音範囲で音がクリア

この性能たちを見ているだけでも、使ってみたくてワクワクしてきます!
ここからは、実際にG100を使ってみた、プロトラベラーのChihiroの感想を入れながら、詳細に紹介していきます。

ストレスフリーな自撮り撮影!

LCD(液晶ディスプレイ)を反転させるだけで、自動的に自撮りモードに。撮影ポイントを見つけたら、すぐに自分を入れて録画を開始したいVloggerにとって、とても便利な機能です。

自撮り中にはモニターに録画中の赤枠がつくので、「録画ボタンを押したつもりだったのに撮れてなかった…!」というような撮り漏れの心配もありません。録画開始のカウントダウンの秒数もお好みで設定できます。

<Chihiro’s Voice>
LCDを反転させて、画面をタッチするだけで録画が開始する簡単さにびっくりしました。録画スタートのカウントダウンの秒数が好きに設定できるので、今まで準備中に映ってしまっていた最初のいらない部分などを、切らずにそのまま編集できるのが嬉しかったです!

自撮りモードに切り替えると同時に、顔・瞳認識AFで撮影者にピントを合わせてくれたり、自動的に絞りを調整して背景をくっきりと映してくれたりするのも特長です。
また、モードダイヤルをまわすだけで、スローやクイックなど録画速度が簡単に変更できるので、表現の幅が広がります。

高性能内蔵マイクでクリアな音が録音できる

NOKIA社製OZO Audioが採用されたことで、内蔵マイクだけでクリアな音を録音できます。
また、自分の録りたい収音範囲を、撮影シーンに合わせて5つのモードから切り替えることができるので、録りたい音を逃しません。

【選べる5つの指向性モード】
・シーンに合わせて自動的に調整して収音するオートモード
・360°の広い範囲を収音するサラウンドモード
・カメラ前方の音をクリアに収音するフロントモード
・顔・瞳認識AFに連動して最適な収音をしてくれる業界初のトラッキングモード
・カメラ後方の音声を収音できるナレーションモード

<Chihiro’s Voice>
これまで、景色の音をメインで録りたいときや雑音を消したいときなどは、あとから編集で音を消したり、別の音を載せたりしていたのですが、この録音モードがあると編集が楽になり助かっています!
まず試しに、顔・瞳認識AFに連動するトラッキングモードで撮影してみたんですが、車の走行音などが自動的に小さくなり、私の声をクリアに拾ってくれました!

<Chihiro’s Voice>
目の前の川の音だけを拾いたいときはフロントモードに設定。川を撮りながら、私の声を録音したいときはそのままナレーションモードに、と、拾いたい音を簡単に替えられるので、とても快適に撮影ができました!モニター上で簡単に設定できるのも、高ポイントです!

三脚にもなるトライポッドグリップ付きでも驚きの軽さ!

街ブラや歩きながら景色を撮影するのに大活躍する、トライポッドグリップ。G100なら、カメラにトライポッドグリップを組み合わせても約500gと抜群の軽さ!
その上、動画撮影のスタートボタンや、静止画撮影用のシャッターボタン、スリープボタンが付いているので、片手で簡単に撮影ができます。スリープボタンを使えば、毎回、カメラの電源をOFFにする手間も必要なく、電池の節約にもなります。

<Chihiro’s Voice>
今まで使っていた三脚と違い、めちゃくちゃ軽くてびっくりしました!旅行に行くときなど荷物を軽くしたいときに最適です!
また、トライポッドグリップに付いたボタン操作で「今この瞬間を撮りたい!」というときに、すぐに撮影が始められるのが嬉しい!装着が簡単なのも最高です。
本体だけでもブレが少ないと感じましたが、トライポッドグリップを付けることで安定感がさらに増しました。

トライポッドグリップは、脚を開くとミニ三脚としても使えるので、カフェや自宅など屋内での撮影にも便利です。

ミラーレス一眼だから、静止画だってもちろん高画質!

もちろん静止画だって、ミラーレス一眼ならではの高画質で撮影できます。
4Kフォトや美肌効果、フィルターセレクトやスリムモードなど、GFシリーズで好評の自撮り機能もしっかりと搭載しているので、G100一台で動画も静止画も存分に楽しめるんです。

ワンタッチでOKな楽々スマートフォン連携

本体にスマートフォンへの転送ボタンが付いているので撮った動画をBluetoothで簡単にスマートフォンに送ることができます。また、スマートフォンと連携してリモート撮影することも!アプリ内でISO感度や露出補正などの調整ができるので、リモート撮影でもクオリティの高い表現が可能です。

<Chihiro’s Voice>
スマホへの画像転送の速さにまず感動!そして、リモート撮影にもチャレンジしてみたのですが、スマホ画面と、モニター上での動きに時差がなく、素早く動くのが素晴らしい!

また、縦で撮った動画を専用アプリ「LUMIX Sync(無料)」に転送すると、スマートフォンでも縦向きに動画を再生してくれます。向きを変える編集の手間が省け、すぐにSNSにアップできるのも嬉しいポイントです。

さっそくChihiroがVlogを撮影

<Chihiro’s Voice>
自撮りモードにするだけでオートで音声を拾ってくれたり、画面タッチで撮影をスタートできたり、初心者でも簡単にハイクオリティな動画を撮れる、ということを実感しました!
動画を撮るときは、今までどうしても手ブレが気になっていて、一番難しいなと感じる瞬間でしたが、G100の手ブレ補正は素晴らしくて、それがなくなりました。
トライポッドグリップがあると、いろいろな角度や向きで撮れるので躍動感あるVlogを簡単に作ることができました。

VLOGミラーレス「LUMIX G100」

キットレンズのみのDC-G100Kと、キットレンズ&トライポッドグリップ付きDC-G100Vが発売!ミラーレス一眼ならではの交換レンズで表現の幅も広がります。
秋の新たな趣味として、あなたもLUMIX G100でVlogを始めてみませんか?

Panasonic LUMIX G100をもっと見る

プロトラベラー Chihiro

プロトラベラー/街並みを散策しながらカワイイモノ・ヒト、文化に触れる旅行スタイルが好き。コーヒーとチルライフを愛する博多っ子。

Chihiro Instagram

前の記事