紅葉スポット2017♡秋のおでかけ先はこれで決まりっ!

1年の中で限られた期間しか見ることのできない紅葉は、絶対に押さえておきたい秋のイベント。京都、東京、関東エリア、北海道など日本で押さえておくべき紅葉スポットをご紹介。2017年の紅葉はどこに見に行こうかな?と迷っている人はぜひ参考にしてくださいね♡

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

2017年もやっぱりオススメの日本の紅葉スポット

夏が終わり紅葉の時期が近づいてきましたね!

2017年に、まずは押さえておくべき日本の紅葉スポットをご紹介します。

地域によっては既に紅葉のピークを迎えたりと見頃は様々ですが、ぜひ参考にしてください。

【京都】定番だけどやっぱり美しい!

東福寺(とうふくじ)

京都 東山にある東福寺は、紅葉の季節になると国指定名勝「東福寺本坊庭園」の特別拝観が可能になります。

東福寺のカエデの特徴は葉先が三つに分かれ、黄金色に色づくこと。

紅葉の見ごろは少し遅く、11月中旬~12月初旬だと言われています。

東福寺の中でも特に有名なスポットは、本堂と開山堂を結ぶ「通天橋」。

通天橋の下に流れている川沿いには約2000本のカエデが植えられていて、息をのむほど美しい景色が広がります。

しかし年々通天橋から撮影する人が多くなり、事故につながる恐れがあることから、2016年に初めて通天橋からの撮影が規制されてしまいました。

2017年の特別拝観、撮影についてなどの情報はまだ公開されていないので、 公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

東福寺 詳細

・住所:京都府京都市東山区本町15−778

・最寄駅:JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」下車 徒歩10分

市バス202,207,208系統「東福寺」バス停下車

・拝観時間:4月~10月末まで/9:00~16:30(拝観受付16:00まで)

11月~12月初旬まで/8:30~16:30(拝観受付16:00まで)

12月初旬~3月末/9:00~16:00(拝観受付15:30まで)

・拝観料:通天橋・開山堂、東福寺本坊庭園/400円

(小中学生/300円)

Google Maps

【東京】ライトアップは見逃せない!

六義園(りくぎえん)

江戸を代表する有名な日本庭園「六義園」では、ハゼやモミジのとても美しい紅葉を見ることができます。

2017年11月18日(土)~12月6日(水)の期間には、11時と14時に各60分程度でガイド(ボランティア)の庭園案内も行われています。

個人でゆっくり回るのもよし、ガイドに案内してもらうのもよし、この期間にしか見ることのできない紅葉の景色を堪能してくださいね。

2017年の六義園ライトアップ情報

View this post on Instagram

#六義園ライトアップ #紅葉 #コンデジで撮影

A post shared by cosmo (@tatokichigyunyu) on

2017年で17回目の秋のライトアップを行う六義園。

ライトアップイベントが行われている間は、期間限定で「もみじ茶屋」が設置され、軽飲食が販売されます。

普段の開園時間は17時までですが、ライトアップの期間は21時まで。仕事終わりにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

イベント名:紅葉と大名庭園のライトアップ

開催日:2017年11月18日(土)~2017年12月6日(水)

開催時間:日没~21時※最終入園は20:30

六義園 詳細

・住所:東京都文京区本駒込六丁目

・最寄駅:JR山手線、東京メトロ南北線「駒込」徒歩7分

都営地下鉄三田線「千石」徒歩10分

・開園時間:9:00~17:00(入園16:30まで)

※ライトアップイベントの期間は開園時間が異なります

・休園日:12月29日~1月1日

・入園料:一般 300円、65歳以上 150円

(小学生以下及び都内在住・在学の中学生 無料)

Google Maps

【関東】紅葉のトンネルが美しすぎる

花貫渓谷(はなぬきけいこく)/茨城県

茨城県高萩市にある花貫渓谷には、長さ約60mの汐見滝吊り橋が架かっています。

吊り橋の左右からもみじなどの木々が飛び出していることから、「紅葉のトンネル」とも言われているんです。

紅葉をより身近に感じながら60mの吊り橋を渡れるなんて、贅沢な時間ですよね◎



11月上旬から色づき始め、見ごろは11月中旬~11月下旬(もしくは12月初旬まで)だと言われています。

2017年10月28日(土)~11月27日(日)の期間には「花貫渓谷紅葉祭り」が行われ、期間限定の茶屋もオープンします。

花貫渓谷 情報

住所:茨城県高萩市大能地内

最寄駅:JR高萩駅からタクシー約25分

Google Maps

【北海道】日本一早い紅葉の名所

大雪山(たいせつざん)

View this post on Instagram

黒岳の石室からお鉢に行く道、ヤバーイ❤️

A post shared by Mari (@yukinoko_mari) on

高山植物の宝庫「大雪山」は火山群の名称で、日本一早い紅葉の名所として有名です。

大雪山の中心となる旭岳を散策したり、ロープフェイで上空からの景色を楽しんだりと、毎年多くの人が訪れています。



9月の中旬~10月上旬までが見ごろと言われていて、行きたい場合は早めのスケジュールを立てておかなければいけません。

2017年は既に見ごろを迎えていますが、急いで向かえば間に合うかも!?

今年行けなかった人も、2018年に行きたい紅葉スポットの1つとして、ぜひチェックしておいてくださいね。

旭岳ロープウェイ 情報

住所: 北海道上川郡東川町旭岳温泉

電話番号:0166-68-9111

Google Maps

豊平峡(ほうへいきょう)もおすすめ!

豊平峡ダムを中心に湖と緑が織り交ざる豊平峡は、紅葉の季節が特に美しいと言われています。

無料のリフトカーで展望台まで行くと、向かいの千丈岩や定山湖、豊平峡ダムを見下ろせる壮大な景色が!

9月下旬から10月中旬までが見頃と言われていて、この時期になるともみじ狩りに訪れる人が増えます。

近くには豊平峡温泉もあるので、のんびり過ごしたい休日におすすめです◎

豊平峡 情報

住所:北海道札幌市南区定山渓840番地先

Google Maps
次の記事