チームラボ恒例の森のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」2020年夏オープン

GENIC NEWS

チームラボが毎年行う森の中のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」を、2020年夏も御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催することが決定しました。
チームラボにとってライフワークである御船山楽園での展覧会は、今年で6年目。毎年夏から秋にかけて行われる本アート展では、22の作品群が展示されます。

長いながい時間の中でかたち作られた巨石や洞窟、森をそのまま使ったアート展「チームラボ かみさまがすまう森」

チームラボ かみさまがすまう森(2020)

御船山楽園は、九州・武雄温泉に1845年に開園した、国登録記念物の名勝地。
今年もその50万平米の大庭園が、「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、変容し続ける空間を楽しんでみてください。

展示作品

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats - Mifuneyama Rakuen Pond​

teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahashi

御船山楽園の池の水面にプロジェクションした作品。
池に浮かんで進む小舟とともに変化します。

増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock

teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

苔生す巨石(高さ約5.5m 幅約4.6m 奥行き6.5m)に、花々が永遠に咲いては散っていく作品。
コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けているので、今この瞬間の絵は二度と見ることができません。

かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock

teamLab, 2017, Digitized Nature

実際の巨石を使ったインスタレーション作品。
巨石の横には、超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら)であったであろう祠(ほこら)が祀られています。

生命は連続する光 - ツツジ谷 / Life is Continuous Light - Azalea Valley

teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

御船山の断崖下に広がるつつじ谷の久留米つつじが光り輝く作品。
この久留米つつじは、江戸時代後期の天保年間(1830年〜1843年)に有馬藩士・坂本元蔵がつつじを交配して作出したといわれています。

浮遊する呼応するランプ - ワンストローク、Fire / Floating Resonating Lamps - One Stroke, Fire

teamLab, 2019, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

水面に浮かぶランプは、人が近くで立ち止まっていると、もしくは風に吹かれて傾くと、強く輝き音色を響かせます。
ランプシェードは、ムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)で制作されています。

岩割もみじと円相 / Split Rock and Enso

teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

御船山楽園内、岩を割って生えている岩割もみじの岩(高さ約2.4m、幅約4.7m)を使ったインスタレーション作品。
禅における書画のひとつ「円相」(円形を一筆で描いたもの)を空間に一筆(空書)で描いています。
「空書」とは、空間に書く書のこと。

岩壁の空書 連続する生命 - 五百羅漢 / Rock Wall Spatial Calligraphy, Continuous Life - Five Hundred Arhats

teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

洞窟の岩壁に空書を永遠に書き続ける作品。

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

御船山楽園のツツジ谷付近にある「EN TEA HOUSE - 幻花亭」にて展示されています。
お茶が入った器の中に花々が咲き続けます。茶を飲み干すと作品がなくなってしまうので、束の間の美しさを楽しんでみてください。

廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins

teamLab, 2019, Interactive Digital Installation

御船山楽園内にある廃墟となった湯屋。まるで時間が止まったような空間に「異なる時空の塊(メガリス)」を表現。
この廃墟の湯屋にあるメガリスは、以下の作品があります。
・花と人
・憑依する滝群

グラフィティネイチャー - 廃墟の湯屋に住む生き物たち、レッドリスト / Graffiti Nature - Living in the Ruins of a Bathhouse, Red List

teamLab, 2017-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

御船山楽園内の廃墟となった湯屋に、人々が描いた絵が壁や床に映し出される作品。
あなたが描いた生きものも、廃墟の湯屋のどこかにいるかもしれません。

森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク、夏の森 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest - One Stroke, Summer Forest

teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

御船山楽園ホテル内「EN TEA HOUSE - 応灯楼」に展示されています。
夏の「かさねのいろめ」である、よもぎ、花橘(はなたちばな)、楝(おうち)、若菖蒲(わかしょうぶ)、卯花(うのはな)の5色でランプは輝く作品。
「かさねのいろめ」とは、日本の伝統的な四季の色の組み合わせのこと。

御船山楽園ホテル
佐賀県武雄市武雄町大字武雄 武雄町武雄4100
11:00 - 21:00(ラストオーダー 20:30)
年中無休
※ランプの作品は、宿泊者(御船山楽園ホテル、竹林亭 )、EN TEA HOUSE - 応灯楼利用者、アート展「チームラボ かみさまがすまう森」(会期:7月 - 10月)来場者が鑑賞できます。
※EN TEA HOUSE - 応灯楼ご利用者は、メニューからワンオーダー制。

他にも、11作品を展示予定。
ぜひ、足を運んで鑑賞してください。

チームラボ かみさまがすまう森 概要

会期:2020年夏オープン
会場:御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
料金:
平日(8月11日~8月14日を除く) 大人 1,200円、中高生 800円、小学生 600円
土日祝および8月11日~8月14日 大人 1,400円、中高生 1,000円、小学生 800円
※未就学児は無料

前の記事