横浜にある不思議なモニュメント「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」

sawyer_fuji

中華街や赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、観光スポットやデートスポットが目白押しの港町・横浜は、アート巡りもおすすめ。町の至るところで彫刻やオブジェ、記念碑を見つけることができます。中でも横浜みなとみらいにある不思議なモニュメント「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」は人気のフォトスポット。
“なにコレ?”と思うような不思議な風景を“切り撮り”に横浜アート巡りの旅に出てみては?

  • 作成日:

ADVERTISING

これはいったい何?横浜みなとみらいにある人気のフォトスポット

ジェットコースターではありません。ユニークなアート作品「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」

shitagami_color

横浜を散策していると至るところに彫刻やオブジェを見かけます。
これは、横浜市の文化振興事業や、ボウリングやアイスクリーム、西洋理髪などの発祥の地として設置された彫刻やオブジェが多いため。

ランドマークプラザやクイーンズスクエア横浜から歩いて数分のところにあるモクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨーも横浜市の街づくりの一環としてグランモール公園内に設置された、高さ約17メートルのステンレス製のアート作品。
モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨーが設置されている場所は、「ヨーヨー広場」とも呼ばれていて親しまれています。
カメラ好きには格好の被写体として知る人ぞ知るフォトスポットでしたが、インスタなどのSNSでますます注目を集めています。

itohton

モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨーは、横須賀生まれで抽象的な作風の彫刻家・最上 壽之(もがみ ひさゆき)の作品。
1994年に、横浜の海からインスピレーションをうけて、たなびく雲をイメージして作られました。
高層ビルが立ち並ぶ、みなとみらいエリアはビル風が強いため、ビル風の抑制も兼ねているんだそう。

wonder_vision

一度見たら忘れられない特徴的なモニュメントは、ネーミングのインパクトも強め。
決してゴロだけでつけたわけではなく、“モクモク”の雲に気持ちが高ぶったときの“ワクワク”という言葉を掛け、横浜の発展を願って「前途洋々(ヨーヨー)」という意味を込めています。

inazo77

夜は、作品自体がライトアップされ、みなとみらいの街並みとともに美しい夜景を楽しむこともできます。
時間帯や角度によって、雰囲気ががらりと変わるので、どんな写真を撮影したいかイメージしてから訪れる時間を決めて。

いつもと違う風景を楽しめるイベント開催時に訪れる

photographer_tomo
amu_cam

横浜みなとみらいエリアでは、夏はポケモンのピカチュウが街中に大量に出現するイベント「ピカチュウ大量発生チュウ」、冬は横浜最大級のクリスマスイルミネーションが恒例行事となっています。
いつもとは違う「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」を撮りたい人はイベント開催時を狙って出かけてみては?

※緊急事態宣言により、イベント中止の可能性があります。詳しくは、各種イベントの公式WEBにて確認してください。

モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー/神奈川県<日本>

出典: sawyer_fuji

神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3−1
(グランモール公園前)
<アクセス・行き方>
横浜高速鉄道・みなとみらい駅から徒歩約3分。
JR・桜木町駅から徒歩約10分。

横浜みなとみらい21 公式WEB

おすすめ記事

#国内旅行に関する記事

GENICがおすすめする人気の国内旅行。女子旅、カップル旅、ひとり旅の計画などに役立つ情報が満載です。日本全国の観光スポットやカフェ、ホテルについても随時更新中です。

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のInstagramの写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事