「IDÉE TOKYO」オープン!ここでしか出会えない商品も

GENIC NEWS

「生活の探求、美意識のある暮らし」をテーマに、オリジナルデザインの家具やインテリア雑貨を取り扱うインテリアブランド IDÉE(イデー)。
2020年8月3日、新業態である「IDÉE TOKYO」が東京駅「グランスタ東京」のB1フロアにオープンします。

IDÉE TOKYOとは

1983年にはじまったIDÉE SHOPはデザイン、家具、アートといったことだけでなく、生活を心地よくしてくれるものをセオリーにとらわれずに選び、表現しそれをかたちにしてきたブランド。多くの若いデザイナーやアーティストが賛同し、様々なクリエーションが発信されてきました。
それぞれの暮らしに美しく寄り添い、佇む、デザイン、民藝、アートを今の審美眼で選びなおして紹介していく、それが新しいIDÉE TOKYOです。
アイテムは、プロダクトデザイナーで無印良品アドバイザリーボードの深澤直人と一緒に、手にとったときに感じるこころの響きを想像しながらキュレーションしています。

「IDÉE TOKYO」の新しい商品

世界各国の名品、純粋な民藝や工藝、上質な日用品など、IDÉE TOKYOでしか出会えないデザインプロダクトが集合。商品の展示・販売からデザイナー・アーティスト・職人の発掘まで、暮らしをリファインする「もの」や「こと」を発信しつづけています。
また、店内にはギャラリーも併設し、国や時代性、有名無名に関係なく、独自編集で企画や展示会を開催する予定。

<世界の名品(マスターピース)>COMODO Achille Castiglioni, 1988

デンマークのインテリアブランドKarakter(カラクター)からAchille Castiglioni(アキッレ・カスティリオーニ)デザインのサイドテーブル

<民芸・工藝>土手重箱 越前塗 深澤直人

深澤直人デザインの”ミニマリズム”をテーマにした、装飾も仕切りもないシンプルを極めた土手重箱。
1919年創業の宮内庁御用達の漆器店、山田平安堂が製作。

<ファッション>ARAI YOKO ショルダートート

エコレザーを中心に、自社のアトリエで一つひとつ手作業で製作されたレザーアイテム。
洗いをかけたピッグスキンは柔らかさと、独特のシワを生み出しています。

<new creation>MUJI refine

MUJI Refine ROUND CHAIR OAK BLACK無印良品の定番アイテムをカラー別注した「MUJI refine」シリーズをIDÉE TOKYO限定で展開。

<オリジナル・限定アイテム>柚木沙弥郎デザイン IDÉE Daily Cloth

染色家「柚木沙弥郎」デザインの手ぬぐい。
テーブルランナー、キッチンクロス、壁に掛けるタペストリーなど日々の色々なシーンで使ってもらいたいという思いを込めて「Daily Cloth」と名付けられています。

IDÉE TOKYO オープニングイベント

陶芸家黒田泰蔵 個展「不完全な完全」

日程:2020年8月3日(月)~ 9月1日(火)
時間:8:00 ~ 22:00(日・祝 8:00 ~ 21:00)
開催場所:IDÉE TOKYO(入場無料)
※「グランスタ東京」内のため、改札外からの利用の場合は、JR東日本 東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)が別途必要です。

黒田泰蔵 Taizo Kuroda

1946生まれ。
1967年に陶芸家ゲータン・ボーダン氏の元で陶芸を始める。その後、益子の島岡達三氏の元で勉強する。
1978年ケベック州セントガブリエルで築窯。1981年帰国、伊豆松崎町、そして1991年伊東市富戸に築窯。1992年、初めての白磁作品を東京で発表、以後白磁のみ制作。その後国内外で個展を開催。

お問い合わせ先

前の記事