寒い日本を脱出してパタヤへ!タイ最大級のフェス「Wonderfruit Festival」に参戦♪

PR

GENIC公式

世界中で開催されているさまざまなフェス。今回クローズアップしたのはタイ屈指の音楽フェス「Wonderfruit Festival(ワンダーフルーツ・フェスティバル)」!フェス好きの人はもちろんのこと、エコやサスティナブルの精神を取り入れたフェスなので、自然が好きな人も楽しめる、東南アジアの雰囲気溢れるタイ最大級の野外音楽イベントです。今回は、プロトラベラーの羽石杏奈とChihiroが、開催地であるビーチリゾート「パタヤ(Pattaya)」の人気スポットと合わせて、Wonderfruit Festivalの様子を紹介します!

パタヤってどんなところ?

「パタヤ」は、バンコクから南東へ約160キロメートル、タイ東部チョンブリー県の西海岸に位置するリゾートタウン。もともとはタイ湾に面する小さな漁村でしたが、1960年代にリゾートとしての整備が進められて以来、世界中から観光客が訪れるアジアを代表するビーチリゾートに!
その理由はバンコクから車で約2時間、スワンナプーム国際空港からは約1時間半というアクセスの良さにあります。美しいビーチはもちろん、ショッピングやナイトライフ、アウトドア アクティビティなどのエンターテイメントも一度に楽しめるの人気のエリアです!

タイ屈指の音楽フェスとして注目されている「Wonderfruit Festival」!

2014年にスタートした「Wonderfruit Festival」は、音楽はもちろん、アート、ライフスタイル、自然をテーマにした、タイ最大級の野外音楽イベントです。毎年12月にパタヤにあるゴルフクラブ「The Fields at Siam Country Club(ザ フィールズ アット サイアム カントリークラブ)」内の一角で開催されます。

広大な敷地には、いくつにも分かれたステージやフードのブース、ライフスタイルテント、アーティスティックなモニュメントなどが、数多く並びます。全部逃さず回りたくなるおしゃれさ!

なかでも注目すべきは、エコやサスティナブルの意識が高く、カルチャー色が強いということ。会場内で使用されているものは、すべてがリサイクルできるエコ素材。

見た目もかわいいドリンクカップや、敷地内には畑があったりと、普通の音楽フェスとはひと味違う雰囲気で、「自然と共存する」意味なども感じられるイベントなのです。

フェスファッションを最大限に楽しもう♪

フェスでの楽しみのひとつといえば、ファッション!私たちは、Wonderfruit Festivalに合わせて、ナチュラルカラーでリンクコーデ!
普段はできないようなテンション高めなアイテムを取り入れた、”気合入れすぎかも?”ぐらいの派手なスタイリングも◎。
ちなみに会場がゴルフ場なので、足元は歩きやすい靴がベターです。

会場内にはメイクやヘアをセットしてくれるブースがあったり、洋服やアクセサリー類もたくさん販売していいたりと、その場でフルチェンジすることも可能です。
写真のようなフェイスペイントのブースもあり、しかも5バーツ程でできちゃうというのだから、これはぜひトライするべし!です♡

参加している人の個性豊かなファッションを見るのもフェスの楽しみ!かなり目立つスタイルでも馴染んでしまうくらい自由な空間です。カップルでお揃いにしたり、タイの気温に合わせた元気なヘソ出しショーパンコーデなど、みんなとってもかわいいんです♡次にフェスに行くときの参考にもなりそう!

ワークショップやアクティビティも豊富にラインナップ!

音楽やフードを楽しむ以外に、ぜひ参加したいのがワークショップやアクティビティ。
好きなドライフラワーを選んで花冠作ったり、トートバッグにデザインを施したり、ドリームキャッチャーを作ったり、Wonderfruit Festivalらしいワークショップがたくさんあります。ヨガや瞑想などのアクティビティが充実しているのも◎。

Wonderfruit Festivalでのおすすめの過ごし方は、朝はヨガや瞑想などでちょっぴりスピリチュアルに浸って、暑い日中は日陰でワークショップを楽しみ、夕方はサンセットを見ながらチルタイム。夜はミュージックタイムで思いっきり遊ぶ!という流れ。これが最高です♡

敷地が広く1日では楽しみきれないボリュームなので、何日か滞在してじっくり堪能するプランもありです!敷地内ではキャンプもできるので、ぜひチェックしてください。

シャトルバスで移動できるホテル「Siam@Siam」にステイ

今回ステイした「Siam@Siam Design Hotel Pattaya(サイアム アット サイアム デザイン ホテル パタヤ)」は、パタヤにあるスタイリッシュなデザインホテル。Wonderfruit Festivalと提携しているホテルで、会場からシャトルバスが出ていてとっても便利!夜中でも安心して帰ることができます。
また、パタヤの中心地にお買い物へ行くのにも便利なロケーションです。

部屋はシンプルで明るく快適!
また、最上階にあるインフィニティプールから臨む景色が最高!朝や夕方はプールサイドでのんびり、夜はDJタイムを狙ってはしゃぎに。どの時間に行っても楽しむことができるプールです!

居心地のいいパタヤのカフェ巡りも楽しみたい♡

食事もお茶も買い物も楽しめる「A′ LA CAMPAGNE(ア ラ カンパーニュ)」

タイ料理はもちろん、イタリアンレストランやティーハウス、雑貨ショップなどが充実のカフェ&レストラン併設の観光農園。動物の餌やりや裏の畑での農業体験ができるなどタイ人にも人気のおしゃれスポット。

名物はソムタムを中心としたタイ料理で、なかでもコーンのソムタムは絶品!敷地が広くテラス席は緑がたっぷりで居心地も抜群。ガーデンハウスなど、フォトジェニックなスポットもたくさんあります。

ショップではお店で使っている食器などの雑貨を販売しているので、覗いてみて。どれもこれも素敵で欲しくなります!

ヘルシーなカフェタイムを過ごしたい人にぴったりの「Tree Tales Café(ツリー テイルズ カフェ)」

ナクルア市場の近くにある、無添加食材やオーガニックのフルーツなど、ヘルシーメニューが人気のカフェです。しかも、どの料理も写真に撮りたくなるおしゃれなものばかり!

スイーツのメニューが豊富で、午後の休憩タイムにぴったり♡焼いたメレンゲにホイップクリームとフルーツを合わせた、いま流行りの“パブロバ”も味わえます。
パタヤの有名な観光スポット「サンクチュアリー オブ トゥルース(The Sanctuary of Truth)」のすぐ近くなので、同じタイミングで訪れてみては?

「サンクチュアリー オブ トゥルース」はパタヤの必見スポット!

最後に紹介するのは、パタヤのサグラダ ファミリアとも呼ばれている、海沿いに建つ「サンクチュアリー オブ トゥルース(The Sanctuary of Truth)」。1981年から未だ完成せず、現在進行形で建設が進められている、寺院と城のハイブリッド建築物です。到着した瞬間、想像を遙かに超える大きさと迫力に圧倒されます。釘を使わずに建てる技術と、装飾のディテールの素晴らしさに感動すること必至です!
中に入るときは、ヘルメット着用と肌が見えない服装が義務付けられています。露出度が高いときは、受付でスカーフを借りて。

そのほか敷地内では、象と触れあえるスポットもあり、タイ舞踊が見られたりなど、見所がたくさん!厳かな寺院でありながら、ちょっとしたテーマパーク感もあってタイらしさ満点です。

パタヤは素敵なカフェや観光スポットが充実!意外とシティで、大きなモールもあり、お買い物もしっかり満喫できます。

毎年12月に行われるWonderfruit Festivalは、寒い日本を抜け出して楽しめる最高のイベント♡
ビーチリゾートを満喫しながら、ショッピングや食、そしてフェスを楽しむ欲張りパタヤへの旅を、今から計画してみてはいかがでしょうか。

タイ国政府観光庁 公式Web
タイ国政府観光庁 Instagram
タイ国際航空 Instagram
バンコクエアウェイズ Instagram

プロトラベラー 羽石 杏奈

ハワイ留学後、テラスハウス ALOHA STATEに出演。ハワイ生活で培ったコミュニケーション力と度胸を武器に、一人旅をこよなく愛する生来のトラベラー。

羽石杏奈 Instagram

プロトラベラー Chihiro

街並みを散策しながらカワイイモノ・ヒト、文化に触れる旅行スタイルが好きなプロトラベラー。コーヒーとチルライフを愛する生粋の博多っ子。

Chihiro Instagram

前の記事