価値のあるお金と時間の投資/夏南の法則Vol.70

大屋夏南<連載コラム>第2・第4月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

  • 作成日:

ADVERTISING

価値のあるお金と時間の投資/夏南の法則Vol.70

先日ずっと着けていた矯正器具が外れました。

始めてから約3年、やっと終わりました。下の前歯6本の部分矯正だったので、最後はワイヤー1本だけ着けて過ごし「着けられるだけ着けておいて」と先生に言われてから1年ちょっと。先日その一部が外れてしまったのをキッカケに、取り外しができるリテイナーにシフトしました。

歯並びはそこまで悪い方ではなく、部分矯正始めるんだーと友達に言ったら「それ、必要あるの?」と聞かれるレベルだったけど、自分ではカチャカチャッとした細かいズレがずっと気になっていました。

大人になってから歯科矯正を始めるのには、なかなか勇気が要ります。時間もお金もかかるし、周りでやっている人も少ない。今更もう遅いかな?とか、痛そうだしなともじもじ迷っていた時期もありました。

でもそれでも踏み切ったのは、仕上がったときのことを想像してワクワクしたのと、もっと時間が経ってから「あの時やっておけば良かった」と後悔したくなかったから。

終わってみて断言できるのは本当にやって良かったということ。

思っていたより時間もかかったし、口の中が傷だらけになったり、ワイヤーを締めなおした後は痛くてしばらく柔らかいものしか食べられなかったりと大変でした。でも鏡で自分の歯を見るたびに、よくぞ決意したと3年前の自分に感謝します。

ずっと気になっていたことを改善したというのはもちろんだけど、自分の笑顔を好きになるってとても大事な気がするんです。だから大きなお金と時間の投資になっても、それに勝る価値があると私は感じました。

なりたい肌や体のためにスキンケアやトレーニングを頑張ったりするのに比べたら、歯科矯正はチャレンジ感が強いかもしれません。でも始めてしまえばあとはやるだけで、必ず終わる日がくる。そして1日でも早く始めたら、1日も早く終わるので、もし迷っているなら是非カウンセリングだけでも行って欲しいなと思います。

久しぶりに舌で自分の歯に触れて大きな達成感を味わいながら、ずっと踏み切れずにいたことに挑戦してみようかなという気持ちになりました。

エイッと始めてしまえば良い。矯正みたいに時間がかかったとしてもできる日が来る。

挑戦しなかったら失敗しないけど、成功も絶対にしないもんね。

今週も素敵な一週間になりますように♡

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、最新著作となる旅エッセイガイド『Down to Earth』を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube
次の記事