【夏南の法則 Vol.31】チャンスの気づき方

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>毎週月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則 Vol.31】チャンスの気づき方

11月に入りましたね。

今年も例年通りあっという間に過ぎて、残すところあと2ヶ月。

もう仕事場では来年の話を盛り込んだインタビューを受けるようになりました。


今年がどんな年で、来年はどんな年にしたいか?という話をしている時に、今年は意識が内側にいく年だったなぁと。

新しく始めたことも多く、自分のお皿にいろいろのって、それらのバランス取ったり、消化したりするために、1人になる時間が長く必要だった。

去年に比べたら、1人でいる時間、家で過ごす時間が倍くらいになったんじゃないかな。

自分にはそれが必要だったし、得るものも多かったから、正しい選択ができて良かったとホッとしている。

正直いっぱいいっぱいになることも多かったし、出来ないかもー!とくじけそうになったりするのを乗り越えられたのは、きちんとそういう時間を設けたことが大きな理由の1つだと思う。

そのフェーズを経て、残すあと2ヶ月と来年は、外に意識を向けようと。

もっと外に出て、人に会ったり、繋がったり、吸収したり、作ったり、届けたりしたい。

そういうプランを立ててから、面白いことが起き始めました。

新しい人たちと出会うようになったのです。

しかも、自分がこれからやりたいことにリンクしている人に。

それだけでも楽しいのに、最近会えてなかった友達に誘われるようになりました‘。

自分の考えてることが変わると、起きることが変わる。

やっぱり世の中、良く出来てるなあって(笑)。

あの「自分が変われば世界が変わる」ってよく聞くセリフは、実際に世界がガラリと変わったりするんじゃなくて、考え方や視点、注意をはらう対象が変わることで、目に付くものが、気がつく事柄が変わって、世界が違って見えることだと私は思っています。


“面白いことが起き始めた”って書いたけど、実は今までもそういうことが起きていたのに、気づけなかっただけなんだと思う。

チャンスって気づかなかったら、掴まなかったら、どんどん通り過ぎていってしまうものだから。

今回のケースで言うと、外で人に会うよりも、家でNetflix見てゆっくりしたいんで帰りますみたいな(笑)。

きっと成功している人、上手くいっている人はそういうサインを見逃さないように“開いた状態”でいるんだろうなって。

そしてそれを上手にキャッチできる自分であるように、鍛錬し、努力しているんだと思う。

大人になって思うのは、やっぱり大体の答えは自分の中にあって、周りのせいにできることなんてほとんどないということ。

流れを読むのも、変えるのも、全ては自分次第。

来年も楽しくなりそうです。

【夏南の法則】バックナンバー

Vol.30 CHANELのパーティーで大事なことを思い出す

Vol.29 ストレスとの付き合い方

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube

関連するタグ