【夏南の法則Vol.53】もしあなたが「やりたいことがあるけど、〇〇だから迷っている」なら

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>第2・第4月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則vol.53】もしあなたが「やりたいことがあるけど、〇〇だから迷っている」なら

先日YouTubeチャンネルで久しぶりにQ&Aのビデオを撮りました。

インスタのストーリーズで募集をすると大体4割は美容、ファッション系の質問で、それと同じくらい多いのは人生相談です。

残りの1割は、いろんなジャンルの質問がごちゃ混ぜになっている感じ。

人生相談の内容は様々で、友達ができなくて悩んでるとか、好きな人がいるけどどうしたらいいかわからないとか、進路やキャリアのことなどなど。

そっか、そうだよね。みんな悩んでるよね。と毎回自分もそれに引っ張られてセンチメンタルな気分になるので、自分のメンタルが丈夫な時にしかできないのですが(笑)、私を信じて相談してくれたからには全力で応えたいと思っています。

今回で5回目になるQ&Aでしたが、ビデオをアップロードしてから自分が話そうと思っていたことを話すのをすっかり忘れていたなと思い、ここに書くことにしました。

それは状況や細かい設定は違えど、いつも必ずたくさんくる質問について。

「やりたいことがあるけど、〇〇だから迷っている」

今回のビデオで同じ類の、フリーランスになるかならないかのお悩みに関しては、自分の周りにフリーランスの仕事をしている人が多く、自分も似た様な感じだから話せることがあるなと思って細かく話させてもらいましたが、これには総じて「それが本当にやりたいことならやってください!」と言いたいです。

この〇〇には、「時間がない」「お金がない」「自信がない」「勇気が出ない」「できるかわからない」「失敗するのが怖い」などなど、いろいろなものが入ってきます。

でも、それが本当にやりたいことなら、やった方がいい。

だっていつか後悔する。

言い古されたセリフですが「人生一度きり」です。

大事なことなのでもう一回。

人生一度きりです。

この人生でやりたいことやらなかったら、もう他にチャンスがない。

だからやった方がいいと思います。

少々乱暴な言い方に聞こえるかもしれないけど、時間がないなら作ればいいし、お金がないなら稼げばいい。

それが本当にやりたいことなら、多少無茶をしてでもやる価値があると思います。

一度やると決めたら、腹を括ったら、いろんなやり方があることに気づくはず。

失敗したらやり直せばいいだけです。

そんなの言うのは簡単だよねって思う人がいるかもしれないけど、実際のところそれくらいシンプルです。

もし挑戦して失敗したあなたを笑う人がいたら、それは今まで挑戦してこなかった人たちだから気にしなくても大丈夫。

自分のやりたいことがわかっていて、それにちゃんと向き合っている人は最高にかっこいいし、とっても素敵です。

なので始める前から難しく考えすぎたり、まだ起きてないことを心配しすぎずに、好きなこと、やりたいことをやってほしいなって心の底から思います。

今週も素敵な1週間になります様に♡

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、最新著作となる旅エッセイガイド『Down to Earth』を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube
前の記事