menu

自分の弱みが強みになるとき/夏南の法則Vol.102

大屋夏南<連載コラム>第1・第3月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

  • 作成日:

ADVERTISING

自分の弱みが強みになるとき/夏南の法則Vol.102

私がクリエイティブディレクターを務めるブランドENCIRCLE(エンサークル)の展示会&先行受注会が無事終わりました。

去年から走り続けてきたこのプロジェクトをやっと皆さんに届けることが出来て、とても嬉しく思います。

有難いことに発売開始から1日足らずで売り切れてしまったアイテムも多く、出来るだけ多くの方に手に取っていただけるようにチームで対応中です。

初日の朝、初めて全てのサンプルが会場に並んでいるところを見て、やっとここまで来たんだと感慨深い気持ちになりました。

この約1年間、初めてのことだらけで壁にぶつかってばかりの日々、思い通りにいかないことや大変なこともたくさんありました。

私は普段からこだわりが強く、今回も人には伝わりにくいような細かいところも「こうした方がみんなの体が綺麗に見えるから」「この方が気持ちよく着てもらえるから」と、何度も何度も修正をかけてきました。

展示会が終わった今でも、生産に向けて最終の修正をかけているアイテムがいくつかあるほどです。

それによって関係者の方々にご迷惑をかけてしまった部分も多いかと思います。

でも、私が作ったものを身につけることで、たくさんの人にもっと自分のことを好きになってもらいたい。その想いを大事にさせてもらいました。

会場で見た皆さんの喜ぶ顔やSNS上で届く声、売り切れて再受注をかけるアイテムがどんどん増えていくのを目の当たりにして、想いが届いたんだと感じています。

これは忙しい中プロジェクトに関わってくださった皆様のおかげで、とても素敵なものをお届け出来たことを本当に感謝しています。

そして、こうやってまた新しいカタチで自分を表現させてもらえるのは、いつも応援してくださっている皆さんのおかげです。

いつも信じてくれてありがとう。

自分の神経質なとこやこだわりすぎるところ、好き嫌いがハッキリしすぎているところ、自分でもめんどくさく感じてしまうことがよくあったけど、そういう部分が今回のように良い形で発揮されることもあるのだから、私ももっと自分のことを信じてあげなくちゃな。と思いました。

正直、「もう無理かも」と思うことが何度かあったけど、それを乗り越えて諦めなかったことでまた少し成長し、強くなれた気がします。

完璧になんてなれないけど、昨日よりも良くなろうとする気持ちを大事にしていれば、辿り着きたい場所、なりたい自分にちゃんと近づいていくはず。

素敵な2週間でありますように♡

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、最新著作となる旅エッセイガイド『Down to Earth』を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube
次の記事