【夏南の法則 Vol.24】プロトラベラーとして

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>毎週月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則 Vol.24】プロトラベラーとして

先週インスタグラムでご報告しましたが、この度プロトラベラーになりました。

プロトラベラーとはミツバチワークス株式会社が2015年に開始した、より多くの女性を旅に誘うことをミッションとした新しい職業です。

実は私、あるYouTubeで「モデルになってなかったら何してる?」という質問に、「旅をする仕事がしたい」と答えたのが約一年前。

それがこのような形で叶って本当に嬉しいです。

今私たちが生きているのは、職業が1人1つしか選べないという時代ではなくなりました。

昔は職業だけではなく、何かと限ったり、区切ったり、分けたりと分離させることが多かったけど、テクノロジーの進化はそれを大きく変えた気がする。

これまでは限られた人たちしか持っていなかった情報にアクセスできるようになり、昔は始めるのが大変だと言われていたことも、いろいろなプラットフォームやサービスができて、グンとハードルが下がった。

いい意味で境界線が曖昧になり、今まで交わらなかった物事が互いに影響し合うようになったことで、また新しいものが生まれていく、とても楽しい時だなと思います。

好きという気持ちや、情熱が十分にあれば、それが形になる。
そして、そのスピードは前に比べて確実に上がっている。

私は旅が大好きで、もっと世界が見たくて、いろんなところに行き、「だから私は旅に出る」にも書いたように実際にそのパワーを感じました。

Vol.01 だから私は旅に出る

そしてみんなにも旅してほしい、選択肢がたくさんあることを知ってほしいと、旅のことを発信し続けました。

旅そのものはもちろんだけど、旅に行くことで生まれる新しい視点や考え方によって、解放されることはたくさんあると思ったから。

続けてきて1番嬉しいのは「かなちゃんが旅に行くのを見て、初めて海外に行きました」とか「初めて一人旅しました」と言ってもらえること。

自分が発信することで、何かが少しでもポジティブな方に進んだら、誰かが少しでも幸せになってくれたら、そんなに嬉しいことはないです。

先日一緒だったある大御所のスタイリストさんがスタイリストとは全く違う職業を並行して始めて、そのことについてとっても嬉しそうにワクワクしながら話していました。

新しいことを始めてみてどうですか?と尋ねると、「結局私は同じことをしているんだよね。スタイリストという仕事も、新しく始めたことも、人を元気にする仕事だから、そこに変わりはないの」と言うのを聞いて、カッコいいなと思いました。

枠にとらわれず、純粋に自分の好きなことをやるって、いろんな角度から自分と向き合っている人にしかできないこと。

自分もそんな風に生きたいと思っていた時に、このプロトラベラーという職業にまた背中を押してもらった気がします。

私も旅のおかげで人生が変わった1人です。

その素晴らしさをより多くの人に伝えられるよう、これからもっともっと旅に出るので、楽しみにしていてください♡

【夏南の法則】バックナンバー

Vol.23 自分らしくあるということ

Vol.22 自分で調べることの大切さ

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube

関連するタグ