旅の目的にしたいホテル誕生!「ハレクラニ沖縄」でラグジュアリーリゾート体験

PR

GENIC公式

ハワイ・ワイキキで100年もの歴史を持つ、憧れの高級ホテルブランド「ハレクラニ」。2019年7月、沖縄県恩納村(おんなそん)に2つめのホテルがオープンしたと知って、リゾートが大好きなプロトラベラーのERIKOとChihiroがおこもりステイの旅にお出かけ。ホスピタリティにあふれた“天国にふさわしい館”「ハレクラニ」ならではのおもてなしに、感動の連続だった二人の2泊3日を徹底リポート!

1日目 絶景バーと絶品ディナーを堪能しよう

11:40 那覇空港に到着!

羽田と福岡から、それぞれ飛行機に乗ってきた二人は、那覇空港で合流!タクシーに乗って、いざホテルへ。
那覇空港から「ハレクラニ沖縄」まで、高速を利用して約1時間。タクシーの中から遠くに見えたホテルが大きくて迫力たっぷりなことに、期待が高まります!

13:00 「ハレクラニ沖縄」に到着!

外観も内観も、すべてがとても洗練されていて、でもどこかぬくもりが感じられるラグジュアリーな空間に二人は一目惚れ♡
2つある宿泊棟のうち、今回ステイするサンセットウィングへ到着すると、ウェルカムドリンクとおしぼりのサービスのお出迎えがありました。
サンセットウィングはロビーのドアが開くと、目の前はオーシャンビュー!

天井が高く、開放的で、インテリアのひとつひとつにこだわりを感じます。
ガラス窓もなく、心地よい風が通って、気持ちいい!
ひろーい館内を冒険したり、写真を撮ったりしているうちにあっという間にチェックインの時間。

15:00 チェックインして、お部屋へ

全360室オーシャンビューの「ハレクラニ沖縄」で、今回滞在したのは「プレミアオーシャンフロント」。

ハレクラニのアイデンティティである「Seven Shades of White(7色の白)」をコンセプトとした約50㎡の広々としたお部屋は、静かで、エレガントで、居心地のいいリュクスな空間。
角部屋だったので2面から美しい海の景色が見渡せました。

「ROJA」のシャンプー類やオリジナルのバスソルトなど、アメニティーも充実。バスタオルやバスローブも、びっくりするくらいフワフワでした♡
TVシアターや「BOSE」のBluetoothスピーカーもあって、ゆっくり過ごすのに最高の環境!レストランの予約ができたり、コインランドリーの使用状況などを調べたりできるタブレットも便利です。

18:40 サンセットバー「SPECTRA」へ

サンセットウイングのロビーにある「バー スペクトラ」で二人がまず気に入ったのは、入りやすい開放的な雰囲気。ドレスコードはリゾートカジュアルなので、気軽に訪れることができます。
目の前が大きなガラス張りの窓になったカウンターは、パノラミックな眺めが楽しめる特等席♡。

オーダーしたのはパイナップルグラスに入った「フレッシュパイナップル バージンスイズル(¥1,700)」と「ヴァージン サングリア 旬のフルーツと琉球ハーブの香り(¥1,300)」。フルーツやエディブルフラワーがトッピングされた、フォトジェニックなドリンク!味もすっきりとフルーティで美味しかったです。

最初はカウンターに座り、バーテンダーさんのカクテル作りの見事な腕前を楽しませてもらい、夕日が沈む頃にテラス席に移動。
この日は夕焼けもとてもきれいで、ここから見る夕日は特別感たっぷり。まさに息をのむような美しさで、本当に絶景でした♡

20:00 イノベーティブ「SHIROUX」

沖縄の言葉で「白」を意味する「シルー」でイノベーティブなディナーをいただきます。
ここは予約が取れないことで有名な、ミシュラン2つ星のフレンチレストラン「フロリレージュ」のシェフ川手寛康氏がコンサルティングシェフを務めているということで、二人も楽しみにしていました!

店内は天井が高く、優雅なムードたっぷり。
各席に置いてあるメニューには野菜の名前しか書かれていないので、どんな料理が出てくるのかワクワク。
沖縄の食材を使用したフレンチスタイルのお料理は、すべてにこだわり満載で、見た目にも楽しく、びっくりするくらい美味しかったです!前菜からデザートまで全8品、ボリュームのあるメニューに大満足。

2日目 ホテルにこもって夢見心地のリゾート体験

8:00 「House Without A Key」で朝食

ハワイの「ハレクラニ」で長年愛され続けている「ハウス ウィズアウト ア キー」が「ハレクラニ沖縄」のオールデイダイニングとして日本初登場!海風を感じられるオープンエアで気持ちよく、中と外、好きな席が選べます。

朝食はビュッフェスタイル。種類豊富でとにかくクオリティが高い!卵料理はオムレツ、目玉焼き、エッグベネディクトの3種から選べ、パンケーキやフレンチトーストはその場で作ってもらえます。パンはホテル内で毎朝焼いているそう!沖縄そばやゴーヤチャンプルなど、沖縄の郷土料理もいただけます。
ビュッフェは7:00~14:00まで利用できるので、寝坊してしまっても安心!早起きが苦手な人はもちろん、朝プールに入ってからゆっくり朝食を楽しむ、なんて贅沢な過ごし方を望む人にもうれしい♡

10:00 「Ocean Terrace Pool」へ

キッズプールを含め、5つものプールがある「ハレクラニ沖縄」。
オーシャンテラスプールは夕日の美しさが自慢のサンセットウイングにある唯一のプールで、静かで穏やかな島時間を満喫できます。目の前にはさえぎるものが何もなく、水平線まで見渡せる眺めが最高!特にサンセットの美しさは格別です。

16歳以上しか入れないので、ラグジュアリーで、落ち着いた大人の雰囲気が味わえるはず!

12:00 お部屋でひと休み

プールで遊んで、アフタヌーン・ティーの時間まで、お部屋でのんびり。タブレットを操作してみたり、TVシアターをチェックしてみたり、寝心地抜群なベッドでガールズトークをしたりして過ごしました。

14:00 アフタヌーン・ティー

さて、楽しみにしていたハウス ウィズアウト ア キーでの、優雅なアフタヌーン・ティータイムです!

ハワイの高品質紅茶ブランド「ティーチェスト」の8種類からテイスティングして好きな茶葉を選べます。おかわりするときは別の茶葉に変えられるんですよ!

憧れのアフタヌーン・ティーセットに思わずキュン♡
スイーツ、カナッペ、スコーン、サンドイッチが楽しめる「ハレクラニ沖縄」オリジナルメニューで、特におすすめだったのがスコーン!プレーンとパイナップル味の2種類があり、キャラメル風味のクロテッドクリームと相性抜群でした。

16:00 室内の「Inside Pool」へ

スパハレクラニに併設されたインドアのプールは、オールシーズン利用可能。水着着用でジェットバスや温泉ジャグジーも楽しむことができて、雨の日やオフシーズンにもうれしいスポットです。

聖なる地のやすらぎを提供するハワイの「スパハレクラニ」。そのハイクオリティなヒーリング効果を沖縄でも味わえるようになりました!洞窟を思わせるような雰囲気のエントランスを抜けると、シックなインテリアで落ち着ける、癒やしの空間が広がります。

受付をすませてバスローブに着替えたら、ざくろと月桃の入ったアイスティーをいただきます。

Chihiroは琉球の時代に由来する植物を取り入れた「リジュビネーション」のアロママッサージを、ERIKOはハワイ伝統の「ロミロミ ボディ」をセレクトしました。
セラピーの前に天然温泉でほっこり。ジャグジータイプや月桃の香りにうっとりなスチームサウナもあります。
二人とも沖縄の伝統的な素材を取り入れたハワイアンマッサージに身も心もときほぐされて、夢見心地のひとときを過ごしました♡
メイクルームのアメニティーも充実しているので、手ぶらでOKです!

21:00 「AOMI」で和食ディナー

空の青、海の碧、山の蒼と3つのブルーが由来の日本料理「AOMI/青碧蒼」は、南の島にいながら、日本各地から届くとびきり旬の高級食材を味わえる美食空間。

1品1品が目にも楽しい会席料理、お肉のうまみたっぷりなしゃぶしゃぶ、そして8席のみの寿司カウンターでは要予約でにぎりもいただけます。

締めに土鍋で出てくるご飯も絶品!美味しすぎて2杯おかわりしました!
初日のシローも、ここAOMIも毎日通いたいくらいの美味しさで、ホテルのレストランでこんなに感動したのは初めて♡

3日目 チェックアウトぎりぎりまで楽園を満喫

9:00 「Orchid Pool」へ

最後の朝食を楽しんで、帰り仕度をほぼすませてから、オープンの時間をめがけてビーチフロントウィングの「オーキッドプール」へ。

「ハレクラニ」のホスピタリティの象徴であるオーキッドマークが、150万枚ものモザイクタイルで描かれた美しいメインプールです。
目の前に広がる青い海へと続く、別世界のようなパラダイスのハイライト!田中律子さん監修 Halekulani SUP Yogaの体験もできるそうです。

オーキッドプールはビーチフロントウィングを背景にしたり、白いパラソルのビーチベッドをプロップにしたり、フォトスポットとしても魅力満載。隣接するキッズプールもキュート!

10:00 とっておきの「Quiet Pool」へ

東シナ海へ続く美しい眺めに圧倒されるインフィニティプールは16歳以上しか入れない、エレガントな静けさに包まれた大人のための聖域。

プールバーやジャグジーもあり、大人なフォトスポットとしてもおすすめです!

11:00 おみやげショッピング

フレグランスキャンドルやブランケット、手作りのテディベアなど、ホテルロゴ入りのアイテムがずらり。
喜ばれるハワイみやげの鉄板!パンケーキミックスの「ハレクラニ沖縄」オリジナルも購入できます。

二人が気に入ったのはお部屋にあったトートバッグ。バカンス気分を盛り上げるフォトプロップとして活躍してくれました。
全室にあり、お持ち帰り可能♡ ホテル内のショップでも購入できます。

12:00 チェックアウト

世代を問わず、誰もがハッピーになれるラグジュアリーな楽園「ハレクラニ沖縄」は、ゆったりと贅沢に過ごすためだけに訪れたくなる最旬デスティネーション!
スタッフの皆さんの笑顔も温かく、プール、食事、スパなど、すべて最高級のものが勢揃いしています。
お部屋も何もかも目が行き届いた充実ぶりで、観光に出かけるのがもったいないくらい!
国定公園として守られてきた沖縄の自然豊かな美しい地で、夢のリゾートステイを叶えて♡

ハレクラニ沖縄 情報

ハレクラニ沖縄

ERIKO

プロトラベラー®

旅先の魅力がより伝わる写真を撮るために多数の機材を使い分け、ファッションも現地に合わせるという、おしゃれカメラ女子
また、ただ遊ぶだけの旅ではなく、学べる旅をするために世界遺産検定2級を取得する努力家。
ずっと目標としていたプロトラベラーに2017年の公募で就任。

ERIKO Instagram

Chihiro

プロトラベラー®

モデル、ファッションブランドのディレクターからプロトラベラ―に転身。
好きなことは「寝ること・コーヒーを飲むこと・海を眺めること・音楽を聞くこと」。
ナチュラルでシンプルな日常を愛する、生粋の博多っ子。街並みを散策しながらカワイイモノ・ヒト、文化に触れる旅行スタイルが好き。

Chihiro Instagram

関連するタグ