【夏南の法則 Vol.22】自分で調べることの大切さ

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>毎週月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則 Vol.22】自分で調べることの大切さ

「そういう情報ってどうやって集めてるの?」

これはインタビューで聞かれて困ってしまう質問の1つ。
そして、これ割と頻繁に聞かれる。

自分が気になったことはとことん調べたいタイプの私がこの質問に忠実に答えるならば「どんな手を使ってでも」となる(笑)

でもそうすると「例えば…?(笑)」とインタビュアーさんを困らせることになってしまうので、最近は「インターネットです」とか「インスタでよく調べものします」とか答えるようになりました。

最近調べものをするのにInstagramはとても優秀。

欲しいものがどこで手に入るかはちょっと時間をかければわかるし、ウェブサイトに載ってないような写真もジオタグやアカウントのタグ付けで見ることができるから、あちらの(お店やミュージアム、ギャラリー、ホテルなど)「見せたい写真」だけでなく、もっとリアルで全体像を掴みやすかったりする。

そしてネットではあまり出てこなかったり、わかりづらかったりするものは、本屋に行ってそれにまつわる本を片っ端からチェックすることも。

この「知識欲」とか「自分で調べる」って、とても大事にしていること。

持ってる情報が多い方がやっぱりお得だし、いろんなことに興味を持っている人の方が幅が広がって、その大きなキャンバスの中から自分の本当に好きなことがわかる。

単純に選択肢が多いと思うのです。
張ってるアンテナが多かったら、いろんなものがひっかかるから。

調べものって手間がかかるからついめんどくさがっちゃうけど、それで自分がより良い決断ができたり、より快適な生活が送れるならそれは価値があるのかなって。

そして自分で調べるのは、誰かが答えてくれるのを待ってる時間がもどかしいから(笑)。

もちろん友達にそれにまつわるエキスパートがいるならその人に聞くけど、そうじゃなかったら自分で調べる。

日本語であまり情報が出てこなかったら、英語で検索。

日本のことじゃなかったら英語で調べた方が圧倒的に情報量が多いです。

それにまつわる単語をひたすら並べてGoogle検索するだけで簡単に答えが出てくるケースが多く、私自身びっくりすることも。

英語がわからなくても、写真や動画から理解できることがたくさんあるからやってみる価値は十分にあると思います。

そして自分で情報を獲得しに行くという能動的な動きは今私たちが生きている時代にとても大事。

Netflixの番組「デヴィット・レターマン 今日のゲストは大スター」に出演したオバマ元大統領は「携帯に送られてくる情報だけに頼っていたら、自分の偏見がますます強まるだけだ」と言っていました。

彼の言うように私たちのスマホには日々どんどん情報が送り込まれてくるようになりました。

でもこれらはバランスが良いわけでも、フラットなわけでもなく、機械やメディアが、それぞれの興味がありそうなものを選んで送信してきた限定された情報。

自分の知らないことやわからないことを、「よく知らないから」とか「よくわからないから」と排除し続けていくと、自分の世界はどんどんと狭まっていってしまう。

多くのことに意識的に興味を持つことで、それを押し広げていきたい。

【夏南の法則】バックナンバー

Vol.21 掃除の魔力

Vol.20 家族との絆

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube

関連するタグ