4日間じゃたりない! グルメも自然も魅力的すぎる旅IN北海道[前編]

PR

GENIC公式

とにかく広大な自然、絶品グルメやさまざまな体験が楽しめる北海道へ、ERIKOとChihiroが行ってきました。3泊4日で北海道中を飛び回った、ふたりのおすすめトラベルプランをご紹介します!前編は小樽、札幌を回り、最後に洞爺湖へと向かいます。その街それぞれの厳選された素敵スポットに注目です♡

1日目 旅の初日は小樽でのんびりと過ごします

7:00 羽田から新千歳空港へ向けて出発!

羽田から朝一の便で、北海道は新千歳空港へ出発します!搭乗手続きは自動チェックイン機を使うと、並ばずに済んでラクチンなんです♪

11:20 小樽へと移動します

電車を使って小樽へ移動です!新千歳空港からは75分ほどで到着します!ちなみに小樽は札幌のお隣の街です。

駅を出てしばらく歩くと「小樽運河」が見えてきます。小樽は、ヨーロッパのような雰囲気の古い建物が並ぶ、レトロでロマンチックな街。まずは、歴史的な街並みを見ながら散策するのがおすすめです。
運河沿いのレンガの建物やガス灯、雰囲気ある倉庫など、写真映えするスポットやお土産物屋さんもたくさんあるので、ゆっくり時間をかけて楽しみたいところ♡
夕暮れの時間帯はさらにロマンチックになるみたい!

12:30 ランチは海鮮たっぷりの「三角市場」でいただきます♪

街歩きを満喫したあとは、小樽の台所と呼ばれている「三角市場」内でランチタイム!待望の海鮮丼をいただきました♡
「三角市場」には6店舗の食事処があり、豪華で新鮮な海鮮メニューがリーズナブルに味わえます。もちろん食事だけじゃなく海産物や鮮魚、フルーツなどの北海道ならではのお買い物も楽しめる、小樽に来たら絶対に行きたいスポットに認定です!

14:00「オルゴール堂®海鳴楼」でオルゴール作り体験にトライ

山盛りの海鮮丼を味わったあとは、小樽の堺町通りに面する「オルゴール堂®海鳴楼」でオルゴール作りにトライ!
こちらの建物は小樽の歴史を感じさせる木骨石造建築で、明治26年に銀行として建てられたもの。現在は小樽市の歴史的建造物に指定されているんだそう。

オルゴール作りのファーストステップは、曲選び。クラシックから最新のJ-POPまであらゆる有名な曲が揃っていて、聴き比べるのも楽しい!
オルゴールの形もいろいろあって、どれにしようか迷っちゃうほど。デコレーションするパーツの種類も豊富なので、世界に1つしかない、自分だけのオンリーワンを作成することができちゃいます。プレゼントにも最適!

19:30 今夜の宿泊先「定山渓温泉 翠蝶館」へチェックイン

のんびりと小樽を楽しんだあとは札幌へ戻り、“全てのお客様に美しくなる体験を”がコンセプトの「定山渓温泉 翠蝶館」へチェックイン。

美肌やデトックス、ストレス・冷えの緩和など、様々な効能を持つ温泉があり、昔ながらの湯治を現代風に楽しめると人気のホテルなんです。
女性のことだけを考えたおもてなしがたまりません♡

宿での食事は、薬膳のフルコースをいただきました。初めての薬膳料理は、ヘルシーな味付け、食材でありながら、それぞれがとても味わい深くおいしいくてびっくり!
お料理が運ばれてくる度に、お料理について詳しく説明してくれるので、きちんと理解をしながら食べられて良かったです♡

食事のあとは素足&作務衣でごろごろできる「ごろごろスペース」でチルタイム。部屋に戻らずにずーっとここにいたくなるくらい快適な空間♡凹んだスペースにはまっていると何故か落ち着きました(笑)。
スペース内にはおしゃれな雑誌がたくさんあるのでそれを読んだり、お気に入りの本を持ち込んだり、名前通りゴロゴロしながら思い思いの時間を過ごすのがオススメです!

2日目 札幌から洞爺湖へ自然を求めて大移動!

11:00 「モエレ沼公園」をぶらりお散歩

ホテルをチェックアウトし、札幌市内にある「モエレ沼公園」へ向かいます。ここは世界的にも有名な彫刻家イサム・ノグチさんがデザインしたアートパーク。

まるでピラミッドのようなガラス張りの建築物や、人工の山など、緑が広がる広大な公園の敷地内にアート作品が点在しています。ガラスのピラミッドは中も外もとても絵になるので、時間をかけて写真を撮るのがおすすめ。無料で入場できるのも魅力的!

12:00 ランチは念願の「さっぽろ純連」でラーメンをぺろり

「モエレ沼公園」でたくさん歩いたら、お腹もすいてきました。ランチは札幌名物のラーメンを食べたかったので、The北海道ラーメン!な「さっぽろ純連」をチョイス。バターが乗った定番の味噌ラーメンはとっても濃厚でおいしかったです。メニューは味噌のほか、醤油や塩もあります。

13:00 デザートには「35stock」の木臼のアイス♡

ランチのあとはお茶タイム♪ということでやってきたのは、デザイン会社が手がけるカフェ「35stock」。地域や環境のことを考えながらデザインされた店内は、木のぬくもりが感じられる居心地のいい空間です。

オーダーしたのは人気の木臼に入った和のサンデー。味は4種類あり、いろんな和テイストでどれにしようか迷います!抹茶味、きな粉味どちらのサンデーにもソフトクリームの下にはあんこが入っています。どちらの組み合わせも、絶品!
サンデーの他に、北海道産の食材を使った雑炊も人気なので、ランチに来るのも◎。

17:00 札幌から洞爺湖へ到着。洞爺湖周辺を散策

今日の最後の目的地は洞爺湖(とうやこ)です。札幌からは特急で2時間弱。街から離れるにつれどんどん自然が増えていきます。ホテルに荷物を預けて、洞爺湖周辺をちょっとだけ散策。洞爺湖はとても静かで少し神秘的な雰囲気。波が少なく澄んだ湖面と山々の景色がとても美しく、気持ちのいい場所で心からリラックスできました。

18:30 湖畔のホテル「WE Hotel Toya」へチェックイン

本日の宿は、洞爺湖湖畔にあるシンプルなおしゃれさが魅力の「WE Hotel Toya」。かの有名な建築家・隈研吾氏がデザインしたホテルです。
お部屋にある大きな窓から、目の前に広がる洞爺湖の絶景を眺めることができる最高のロケーション!ソファーにゆっくり座りながら、ずーっと眺めていたくなります。

洗練された雰囲気のお部屋に、センスの良いアメニティー、ウェルカムフルーツまで用意されていて、テンションは上がりっぱなしです♡

21:00 「樽バー」でおやすみ前に軽く一杯

食事のあと、ホテル内の「樽バー」というバーに行ってみました。名前の通り、店内の天井から樽がぶら下がっているんです!その斬新なデザインに驚き!
お酒が並ぶ棚のライトアップも美しい、素敵な雰囲気のバーでした。

「WE Hotel Toya」は館内の廊下ひとつ取っても、とにかくスタイリッシュ!天井や柱をファブリック素材で覆った美しいデザインにほれぼれします♡

23:00 ふかふかベッドでおやすみなさーい

実は「WE HOTEL TOYA」はすべてのお部屋に露天風呂がついているんです。専用のお風呂でガールズトークを楽しめるなんて、大人女子のリラックス旅にぴったり!
ゆっくりお風呂に浸かったら、ふかふかのベッドでおやすみなさい♡
明日は支笏湖に移動します!

贅沢なグルメとステイ、大自然を満喫できる北海道の旅はまだまだ続きます!後編もお楽しみに♡

「ソラタビライフ」公式サイトでは、まだまだ紹介しきれない、大自然とグルメが盛りだくさんな北海道のおすすめスポットを紹介中!もちろん旅の予約も可能です♡ 公式インスタグラムも合わせて、チェックしてみてくださいね!

ANAソラタビライフ 公式サイトはこちら

ソラタビライフ 公式インスタグラム

関連するタグ