【夏南の法則 Vol.18】メンタルの断捨離

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>毎週月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則 Vol.18】メンタルの断捨離

先週行ってたヤオノイ島のSIX SENSES YAO NOI(シックスセンシズヤオノイ)でのスパトリートメントに、アーユルヴェーダの先生とのミニセッションがおまけでついてくるというので、久しぶりに診てもらいました。

私のトリートメントが終わったのは夕方、先生はまだ他の患者さんを診ていたので、次の日の朝10時にアポイントメントを取って部屋に戻りました。

その日は朝7時に起きて、散歩をし、朝食をすませてから先生のところへ。

何か困ったことはありますか?と聞かれて、タイ入りしてから上手に眠れなかったことを思い出して相談してみた。

すると先生はまず「不眠の原因は解明できません」とハッキリ(笑)。

「何故ならばありとあらゆることが考えられるし、原因が1つとは限らないからです」と。

そりゃそうだ。

「しかし、対策はたくさんあります」と言って、いろんなことを教えてくれた。

適度な運動する。お酒と糖質を取りすぎない。寝る前に携帯を触らないなどのフィジカルなことはもちろん、心を込めて仕事をする、なんでも楽しむ、そして一番印象的だったのが、人を嫌ってはいけないというメンタルなこと。

「例えばあなたが僕を嫌ったとして、僕にはなんのダメージもありません。

あなたがイライラするだけで、それはあなたを蝕んでいきます。

そしてその怒りだったり、嫌悪だったりといった感情は、知らぬ間にあなたが夜眠れない原因の一つになります。だから人を嫌ってはいけません」

実は数ヶ月前にそれはそれは信じられないことが起こって、自分でもびっくりするほどの怒りを感じ、その夜文字通り一睡もできなかったことを思い出してクスッとしてしまった(笑)。

そのこととタイ入りしてから眠れないこととは関係なかったし、この時誰かを嫌っていたとかそういうことではなかったけど、先生とのセッションは完璧な流れのように思えた。

先週のコラムで書いた通り、バンコクで多くのことを感じ、プーケットのリゾートでリラックスした後に来たヤオノイ島。ジャングルの中にいるような大自然に囲まれたホテルで自分と向き合う時間がたっぷりあるこのタイミング。

やっぱり何かに対して怒り続けたり、誰かを嫌いでい続けるのは結構な体力が必要な上に、なんの得にもならないんだと再確認することで、改めて自分のエネルギーの使い方について考えさせられました。

要らないものは手放す。

変化の年だと言われている今年、メンタルの断捨離も大事なはず。

心をスッキリさせることで、これからやってくる変化に軽やかに対応したい。

【夏南の法則】バックナンバー

Vol.17 旅で学ぶこと

Vol.16 メイクとファッションの関係

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram

大屋夏南 YouTube

関連するタグ