2年間の商品開発期間を経て誕生!ROSE LABO「食べられるバラ」のリップ美容液とは?

GENIC NEWS

国産・農薬不使用の「食べられるバラ」の栽培をしている「ROSE LABO」より、コスメティックライン「24ROSE」のリップ美容液が誕生。天然由来成分100%だから、1日中使うことができます。女性をもっと魅力的にする、バラの力を感じてみて♡

24時間、バラの力であなたをもっと魅力的に!24ROSEの「リップ美容液」とは?

他のバラ(※1)よりも、ビタミンAが10倍以上、ビタミンCが2倍以上(※2)含むバラ「24」を使用し、天然由来成分100%で作られたリップ美容液。24時間、眠っている時、メイクをしている時、いつでも使うことができ、リップメイクで疲れた唇をうるおすには、もってこいのアイテムです。

1.こだわり抜かれた“8つのフリー”

「食べられるバラ」を栽培しているROSE LABOだからこそ、次の8つの成分を使わずに、商品開発されました。:パラベン、鉱物油、香料、タール色素、アルコール、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、フェノキシエタノール

2.厚みのあるテクスチャー

天然由来成分100%では、うるおいをしっかり感じさせる厚みのあるテクスチャーを生み出すのが難しく、2年の歳月をかけて実現しました。色味はクリアピンクのため、唇本来の色を自然に美しく見せるだけでなく、手持ちのリップメイクの上からも使えます。

3.うるおい成分

ROSE LABOがコスメのために開発した新しい品種のバラ「24」(トゥエンティフォー)のハイブリッドローズエキスとローズ水を配合。また、ヒアルロン酸ナトリウムなどのうるおい成分が配合されているため、艶があるのにベタつかず、ふっくらとした唇に導きます。

4.アプリケーターのこだわり

柔軟性のあるアプリケーターは唇にフィットするサイズ感で、ぱぱっとスムーズに唇に塗ることができます。

新しいバラ「24」が咲きました♡

2年間かけて開発された新しい品種のバラ「24」は、コスメのために作られた特別なバラです。他のバラ(※1)よりも、ビタミンAが10倍以上、ビタミンCが2倍以上(※2)含まれています。

※1自社で栽培したバラと比較
※2日本食品機能分析研究所の成分分析結果による

「食べられるバラ」を栽培するROSE LABO

バラが大好きな田中綾華(たなかあやか)さんが起業し、農薬を使わない「食べられるバラ」を販売しているROSE LABO。「バラを通して、世界中の人々が美しく健康であってほしい」という思いを込めて、自らバラを育てながら、バラを使ったコスメの開発を進めています。

ニュースの出典元:ROSE LABO株式会社

Recommend

前の記事