ただカワイイだけじゃない!ピンク色にはワケがある!

GENIC編集部

ode_tomytravels

フォトジェニック天国リスボンに
ピンク ストリートが
生まれた理由とは?

marta__sierra
fabmusealina
jayde_archives
polinchik

ポルトガルの首都リスボンにある「ピンク ストリート(Pink Street)」。ここがピンク色になったのには理由はがある。
通りの正式名は、Rua Nova do Carvalho(ノーヴァ・ド・カルヴァーリョ通り)。かつてここは、売春婦が溢れかえる、船乗りたちの危険でダーティな遊び場だった。
その悪評を払拭すべく、2011年の都市再生プロジェクトによって街がつくりかえられ、道路がピンク色に塗られたのだ。

今では、おいしいタパスバーやライブハウス、ナイトクラブが並ぶ、リスボンで最も活気のある夜の街になった。
日中も、レストランで食事をしたり、写真を撮ったりする人で賑わう。

開かれた大人のプレイグラウンドへと進化したピンク ストリートは、ディープなリスボンを味わうならうってつけの場所。もちろん、夜の街に出るときは、情報収集&自己防衛、を怠らず。

murrmari

ピンク ストリートには黄色い橋(アレクリン通り)がまたがっていて、橋のどちら側で撮るかによって、背景が異なる。上の写真を見返してみると、上の5枚には「青い建物」が背景に入っているが、この最後の1枚は「黄色い建物」。ピッときたほうで撮って。

Rua Nova do Carvalho/リスボン(Lisboa)/ポルトガル(Portugal)

出典: ode_tomytravels

R. Nova do Carvalho 1200-370 Lisboa

GENIC 3月7日発売号の特集の1つはヨーロッパ!

3月7日発売のGENICは50号の記念号!そこで「自分史上最高の体験」を大特集!
いくつかの「体験」にまつわる特集がありますが、この記事を読んでいただいた方におすすめしたいのは、「若いうちにこそ体験するべき!ヨーロッパ大特集」!
実はヨーロッパこそ、老後にとっておかずに体力がある間に行くべき場所!古い街並みや建物も多く、坂道や階段がたっぷりなんです。実際に目で見て体験してほしい、ヨーロッパ26カ国の定番&最旬フォトスポットをまとめました!
この記事にあるポルトガルの見どころもたっぷり紹介していますので、ぜひ手に取ってお楽しみください!

Amazonで購入

ポルトガル旅行の前に読んでおきたい

街を走る黄色い電車に恋してる♡

世界中にあるGENICな書店たち

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

前の記事