夏の下着事情/夏南の法則Vol.73

大屋夏南<連載コラム>第2・第4月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

  • 作成日:

ADVERTISING

夏の下着事情/夏南の法則Vol.73

5月に入りましたね。

ついこの間2021になったかと思ったら、もう1年の3分の1が過ぎました。びっくり。

少し前まで桜が散ってちょっと寂しいなと思っていたけど、ここのところは植物たちの緑々しさや陽の質が変わったことに気がついて、ああ、これから夏がくるんだなあとワクワクしています。

自分も街をゆく人たちも薄着になり、食べるものや飲むものが変わって、やりたいことも気分も変わる。季節の変わり目というのは、何度も経験していることなのになんだか魔法のように感じてしまいます。

さて、着るものが変わるタイミングで私が気にしていることがあります。それは下着。私は下着についてこだわりがあるほうで、この連載でも以前触れたことがあります。

薄い素材や透け感のあるアイテム、肩や背中が出るものなど、これからの季節は丁寧に下着選びしたいところ。実際私もそういうものを着ているときに「下着どうしていますか?」という質問が必ずと言っていいほど来ます。

肌の露出が増えるこれからの季節はもちろんですが、私は冬でもどの下着を着けたら服が一番綺麗に見えるかを考えて下着を選んでいます。特にブラジャーに関してはトップスのシルエットを大きく左右するので慎重です。

職業柄いろいろな洋服を着させてもらいますが、その下に着けている下着で大きく印象が変わることを現場で何度も経験してきました。スタイリストさんの通称お道具箱と呼ばれるものにはたっくさんの下着が入っていて、洋服や撮影イメージに合わせて下着もコーディネートしています。

私のオススメは通称Tシャツブラと呼ばれているシームレスのブラ。カップの部分やホック周りなどにレースや飾りが付いてないので薄手のものを着たときも、重さのあるニットを着たときも服に響かなくて綺麗です。

これからの季節にあると便利なのは、肩紐が外れるタイプ。オフショルやキャミワンピなど肩周りが出るときに大活躍します。肩紐がないとホールド感が多少減るので、いつもより小さめのアンダーのものを選ぶのが◎。デコルテのボリューム感を出したい人は、カップもいつもより小さいものを選ぶとふっくら見せてくれるのでオススメです。

背中がガバッと開いているものに関しては、やはり潔く着たほうが美しいので、見せブラ等をするよりは最初からカップ付きのものを選ぶか、ヌーブラかニプレス的なものがいいなと個人的には思います。ただヌーブラは汗をかくと剥がれてくるから(笑)長期戦には向きません。そしてニプレスは使い捨てタイプよりヌーブラの素材みたいなもので出来た、繰り返し使えるタイプのほうが服に響かないくて良いです。

「何を着るか」も大事なんだけど、「どう着るか」を意識することで今までのアイテムがより良く見えたり、スタイルアップしたりするので気にかけてみて欲しいです。

今週も素敵な一週間になりますように♡

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、最新著作となる旅エッセイガイド『Down to Earth』を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube
次の記事