【夏南の法則vol.38】2019

大屋夏南<連載コラム>

大屋夏南<連載コラム>毎週月曜日更新
モデルの大屋夏南が
ありのままに自由でいるための
カナ的イズムを書き綴る♡

【夏南の法則vol.38】2019

明日はクリスマスイブですね。
来週はお休みをいただくので、このエピソードで今年は最後となります。

気付けばこの連載もVol.38で、始めてからもう9ヶ月ちょっとになります。
実はこの連載を始める前は週に1回というハイペースさに、できるかどうか不安でしたが、なんとか、なんとかここまでやってこられました(笑)。

もともと文章を書くのは好きで、ブログでも気が向いたときにいろんなことを書いていましたが、お仕事としてメディアのプラットフォームで、自分の考えていることを毎週書くというのは大きな挑戦でした。

今までは内容もボリュームもペースも自由気ままに書いていたけど、ここでは締め切りがあって、文字量が決まっていて、なおかつみなさんに楽しんでもらえる内容でなくてはいけない。

いろんなところからアイディアを得ようと、日常の何気ない会話でも、こんなことやあんなことが書けるかも?とアンテナを張り、インスピレーションが湧かないときはパソコンに向かっては頭を抱え、何度も何度も書き直して、やっとでき上がった原稿を夜中や飛行機に乗る直前に送信するといったことをずっとしていました。

でも毎回みなさんからたくさんの反響をいただいて、公開された次の日に当たる火曜日は、頑張ってよかったなってルンルンするのでした。

自分の気持ちを文字に起こす作業は改めて自分と向き合うようで、苦しい時もあるけど、得るものが多く、自分自身にとって意味のあるものです。

以前書いたように、今年は夢が叶う年、そして自分が今まで頑張ってきたことが形になっていく年でした。

この連載もその1つ。

自分の言葉で表現する場を持たせてもらうのは、私にとって特別なことです。

前に「チャンスの気づき方」で“チャンスは気づかなかったら、掴まなかったらどんどん通り過ぎていってしまうものだ”と書いたけど、ラッキーなことにその元となるキッカケが自分で生み出しやすい時代になりました。

アクションを起こすことで、発信することで、何かがどこかで影響しあって、自分でもビックリするようなチャンスが訪れる。

それに必須なのが自分の“好き”や“ワクワクする気持ち”。
なぜならそれは凄まじいエネルギーを持っていて、私たちをいろんなところに連れていってくれるから。

できるかできないかじゃなくて、そのためならいくらでも頑張れると思えるほど好きかどうか、そのことを考えるだけでワクワクするかどうか。
新しい目標や夢を抱くこの季節、理屈は抜きにして自分の心に耳を傾けてみて欲しいです。

来年はもっと自分を幸せにしてあげられるような選択が増えたら良いなと思います。
笑顔がそうであるように、幸せも連鎖する。
だから自分が幸せになったら、周りの人も幸せにできるはず。

みなさんが心地のいいスタートを切れますように。

愛を込めて。

【夏南の法則】バックナンバー

vol.37 20分で出来ること
vol.36 朝5時半のヨガに救われる

大屋夏南

1987年生まれのブラジル出身。17歳でモデルデビュー、数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。
また、私服、美容情報など彼女のライフスタイルがいち早くチェックできるインスタグラム、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど幅広く活躍中。

大屋夏南 Instagram
大屋夏南 YouTube
前の記事