menu

より自分らしく!より思いのままに表現!「OLYMPUS PEN E-P7」新登場 #PENのある生活

コンパクトで高機能、おしゃれなミラーレス一眼カメラとして人気の「OLYMPUS PEN(オリンパス ペン)シリーズ」に、2021年6月「OLYMPUS PEN E-P7」が新登場!初心者にもやさしい手軽さはそのままに、クリエイティブな機能がパワーアップ。より自分らしく、思いのままに写真表現が楽しめるカメラへと進化しました。注目の新機種「PEN E-P7」の気になる機能や魅力を紹介します。

  • 作成日:

【リレー連載】12名のフォトグラファーがカメラをつなぐ #PENのある生活

自分好みの表現が楽しめる!手軽でおしゃれな高機能ミラーレス一眼カメラ

洗練された上質デザインの小型軽量ボディ―

「OLYMPUS PEN E-P7 14-42mm EZレンズキット」 ボディー(左:シルバー/右:ホワイト)+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」

PENシリーズの特長といえば、やはりおしゃれなデザイン!「OLYMPUS PEN E-P7」も上質なデザイン性を徹底的に追求した、シンプルでクラシカルなデザインです。どこか懐かしいアルミ削り出しのダイヤルやレザー使いなど、丁寧に作り上げられたディテールにもこだわりが。撮欲が掻き立てられ、持ち歩くのが楽しくなるような、端正で洗練された美しいカメラです。
また、「PEN E-P7」は、ボディー単体で337g、標準ズームレンズと組み合わせても430gと、容量500mlのペットボトル1本よりも軽量。気軽に持ち歩いて、軽快に本格的な撮影が楽しめます。手のひらサイズの小型ボディーながら、2つのダイヤル(フロント/リア)を搭載し、操作がしやすいのも魅力。交換レンズもバリエーション豊富で、ズームレンズや単焦点レンズなど、幅広いラインアップがそろうM.ZUIKOレンズから、スタイルや表現に合わせて選べます。

「カラープロファイルコントロール」で自分好みの色作りが簡単に!

多彩な機能で、手軽にクリエイティブな撮影ができる「PEN E-P7」。モノクロもカラーも自分らしい表現で自由に楽しめます。なかでも全12色の彩度を細かくコントロールできる「カラープロファイルコントロール」を使えば、作品性を高めるために欠かせない色作りが思いのまま!彩度はもちろん、シェーディング、ハイライト&シャドウを調整でき、狙いどおりに作品を仕上げることが可能です。
その操作をスイッチひとつでスムーズに行えるのが、ボディー前面・レンズ右下にある「プロファイルコントロールスイッチ」。このつまみをパチッと動かすだけで、通常撮影とカラー(またはモノクロ)プロファイルコントロールをカメラを構えたまま瞬時に切り替えることができます。たとえばイチゴの色を調整したいという時、イチゴの赤だけを鮮やかにすることも、画面全体を一括で変更することも可能。いろいろいじりすぎてしまった場合も、OKボタンを長押しでリセット!
細かく設定するのは苦手という人や、好みのトーンがあるならおすすめなのが「カラープロファイルプリセット」。(1)標準、(2)クラシックフィルム リッチカラー、(3)クラシックフィルム ビビッド、(4)クラシックフィルム ソフトトーンの4つのプリセットから選ぶことができ、それぞれの設定値も自由に変更できます。

アーティスティックな写真表現が楽しめる「アートフィルター」

PENシリーズの人気機能のひとつ「アートフィルター」は「PEN E-P7」にも搭載。モニターで効果を確認しながら、自分の好みに合わせて、アーティスティックな仕上がりの写真を撮影できます。「PEN E-P7」には魅力的なフィルターが16種類・31タイプもあるので、お気に入りがきっと見つかるはず!色の美しさを強調した「ポップアートI/II」、幻想的な「ファンタジックフォーカス」、懐かしさが感じられる「トイフォトI/II/III」、マゼンタを強調した「クロスプロセスI/II」、フィルム特有の質感を現代風にアレンジした「ネオノスタルジー」の各アートフィルターでは、モニター上のタッチ操作または前ダイヤルで、フィルターのかけ具合を調整できるので便利です。プロもうなる表現力の豊かさをぜひ実感して!

背面モニターは上下に角度調整できるチルトタイプ

デジタル一眼カメラの使いやすさの決め手ともなる液晶画面は、下開きのチルト式タッチパネル液晶モニターを採用。上方向に約80度、下方向には約180度動かせるので、ローアングルでもハイアングルでも自然な構えで撮ることができて、幅広いアングルの撮影で活躍します。集合写真や自分撮りにも使いやすく、モニターは下側に開くだけで自動的に自分撮りモードに切り替わる機能つき。静止画も動画もタッチ操作で簡単に撮影できます。

本革ボディージャケットなどのアクセサリーも充実

本革ボディージャケット「CS-54B」、本革ショルダーストラップ「CSS-S109LLII」

カメラ用アクセサリーのラインアップも充実している「OLYMPUS PEN」シリーズ。今回は「PEN E-P7」の発売に合わせて、専用の本革ボディージャケット(ブラック/ホワイト)が登場。取りはずししやすい耳掛け方式で、片方の耳掛け部をはずすことでバッテリー交換も簡単にできます。レンズジャケットやショルダーストラップなど、ほかの本革アクセサリーとの相性も抜群!シックで大人っぽい、上質なレザーコーディネートが楽しめます。

高精度な手ぶれ補正をはじめ、基本性能が優秀

一眼カメラとしてはトップクラスの「ボディー内5軸手ぶれ補正」を搭載した「PEN E-P7」。精度の高い補正効果を瞬時に発揮!手ぶれを抑えて、キレイな高画質写真を撮ることができます。スナップ撮影でとっさにカメラを構えてシャッターを切る時や夜景や動画を撮影する時に役立つ、うれしい機能です。
また高精度なオートフォーカスシステムを採用しているので、動く被写体をはじめ、さまざまなシーンでスムーズにピントを合わせることが可能。さらに顔優先・瞳優先AFで、横顔、うつむいた状態など、顔の一部が隠れていても、狙った人物にピントを合わせ続けられるので、最高の表情を逃しません!
そしてスマートフォンアプリ「OI.Share」と連携すれば、撮影した写真をすぐにスマホに転送できて、SNSへの投稿も簡単!Bluetooth対応(常時接続)で、カメラはバッグの中に入れたままでも、スマホで画像の閲覧・転送ができます。新機能「自動シェア予約」をオンにすれば、カメラの電源を切った状態で自動的にスマホへ画像転送することも!

フォトグラファー12名がカメラをつなぐ #PENのある生活 リレー連載スタート

SNSでも活躍中のフォトグラファー12名に、リレー形式で「PEN E-P7」をバトンタッチしながら、自由に日常を撮影してもらう連載企画が始まりました!フォトグラファーたちが撮り下ろした、個性あふれる「#PENのある生活」写真とともに、それぞれが感じた「PEN E-P7」の使用感やお気に入りのポイントなどを紹介します。

リレーに使用したカメラ「OLYMPUS PEN E-P7」商品情報

「OLYMPUS PEN E-P7 ボディー」
オープン価格
カラー:シルバー/ホワイト

「OLYMPUS PEN E-P7 14-42mm EZ レンズキット」
オープン価格
キット内容:
ボディー(シルバー/ホワイト)
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
※装着されるレンズはボディー色ホワイトの場合はシルバー、ボディー色シルバーの場合はブラックとなります。

「OLYMPUS PEN E-P7」の購入はこちら
もっと詳しく知りたい方はこちら
次の記事